守山区 千代田街道、バス停 小幡苗代すぐ。

審美 レーザー インプラントの
吉本歯科

歯周病治療薬(エムドゲイン)の作用
Emdogain

手術部位にエムドゲインを塗布することにより、歯が生えてくる時と似たような環境を作り出し、再度骨を歯の周囲に呼び込んで骨を再生させます。こうして初めて歯が生えた時と同じような強固な付着機能を持つ歯周組織の再生を促します。

エムドゲイン

どんな場合に有効か
Advantage

部分的に骨が吸収してしまった場合しか効果はありません。つまり、歯の周囲360度の骨が水平的に下がってしまったような場合は適応外です。専門的には、1壁性の垂直性骨欠損が適応となります。

上記イラストのような骨欠損が適応となります。

事前の治療
Prepairation

基本的な歯周病の治療が一通り終わっている必要があります。つまり、歯ブラシがしっかりと使えるようになっていること及び、歯石の除去などが終了していることです。歯ブラシの使い方が悪い場合や、きっちりとした歯周病の治療が出来ていないと、このエムドゲインを使っても意味がありません。

手術の流れ
Surgery Process

歯周組織の状態を調べるために、歯周ポケットの深さを測ったり、レントゲンを撮ったり、その他治療に必要な検査を行います。エムドゲインを使った治療が行えるかどうかは、歯周病の程度や患者様の健康状態によっても異なります。手術は麻酔下にて行います。まず最初に治療する部分の歯ぐきを切開し、剥離します。次に歯の根の表面の清掃を行い、エムドゲインを塗布します。最後に切開した歯ぐき部分を縫合し、手術終了です。手術にかかる時間は1時間前後で、手術後しばらく休んで頂いた後、帰宅して頂きます。抜糸は手術日から2~6週間後に行います。

術後のケア
After Care

1ヶ月くらいは歯ブラシやデンタルフロスでつつくことをしてはいけません。そーっとしておくことが重要です。周囲を磨くことはかまいませんが、あくまでもエムドゲインをしたところはつつかないようにします。また、定期的に来院して頂き、その部分を触らないようにしながら清掃します。

術前と術後のX線映像

« 診療案内に戻る